話題の映画”ロクヨン”

64
<あらすじ>昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン事件」。未解決のまま14年が経ち、時効まであと1年に迫った平成14年。警察庁長官による現場慰問が行われることとなり、D県警では被害者の父、雨宮芳男との交渉が進められていた。

たった7日間しかなかった昭和64年。その7日間におこった未解決の誘拐殺人事件を巡る物語。警察による捜査隠蔽疑惑や、県警記者クラブとの対立。主人公三上の前に立ちはだかる様々な壁。そして14年後に起こる新たな誘拐事件とは?

主人公・三上義信(佐藤浩市)は、26年間刑事として犯罪捜査をしてきて、14年前の「ロクヨン事件」も担当していました。しかし、突然、広報室へと異動が決まります。実の娘が家出失踪中という家庭問題を抱えつつも、刑事として「ロクヨン事件」の調査を進めていきます。

キャスト陣がとにかく豪華です!

前編は2016年5月7日から上映中、後編は2016年6月11日からですが、早速「布施ラインシネマ」で観てきました。豪華キャスト陣による迫力ある演技がすばらしいの一言につき2時間は、あっという間でした。特に佐藤浩市の演技力には圧巻!涙・涙でした。視聴年齢率は中年層が多かったですね(笑)後編が楽しみです!【評価は3.7】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>